ベイルートの悲劇を知ったエリザベス2世は、レバノンに支援メッセージを送った

Advertisements
Advertisements

レバノンは現在、前例のない悲劇的な状況を経験しています。そんな中イギリスのエリザベス2世女王は、彼女の王国の同盟国であるこの国に対して、心からの思いやりを示しています。

あなたの休暇を利用することは、あなたの同盟国を支援することを意味しています。いずれにせよ、これはイギリスのエリザベス2世女王によって示されていることです。94歳になる王女は、夏の休暇を過ごすために、スコットランドのバルモラルへと向かいました。しかし、目的地に到着するその前に、ベイルートにおける悲劇のニュースが彼女の耳に届きました。彼女はすかさず、状況に反応したメッセージを発信しました。「フィリップ王子と私は、昨日ベイルートの港で起こった爆発のニュースに深く悲しみました」と、彼女はツイッターの声明で述べた。

彼女の手によって管理されている王室の公式ツイッターアカウントを見ると、レバノンの人々に対する彼女の思いやりと、彼女の夫フィリップ王子が支持していたものを見て取ることができます。「私たちの考えと祈りは、負傷したり、または命を落としたりした人々の家族や友人、そして自宅や日常生活が混乱してしまった人々に向けられています。」また彼女に続いて、チャールズ皇太子とコーンウォール公爵夫人、またウィリアム王子とケイト・ミドルトンも犠牲者に敬意を表しました。

8月4日の午後6時頃、ベイルートは2回の大爆発に見舞われ、数百人が死亡、そして4,000人近くが負傷しました。

Advertisements
Advertisements