形成外科医は、ダイアナ妃の顔つきはギリシャの肉体的完全性の概念に近いと明かした

究極の美しさとは一体どのようなものだろう、と思ったことはありませんか?一体、その人間はたしてどのように見えるのでしょうか?私たちの一人一人が、独自の美しさの認識を抱いている現代の多様な社会では、誰もが、またはほとんどの人にとって認識している、普遍的な美しさがあります。

美しさの数学的計算

イギリスの美容整形外科医であるジュリアン・デ・シルバ博士は、科学的方法を使用して、美容の問題を調査しました。

Advertisements
Advertisements

有名なイギリスの雑誌ザ・サン紙によると、同医師は人間の顔の完璧な形を決定することのできる、コンピューター化された顔のマッピングを開発しました。また、彼は自分のコンピューターロボットで最初のテストさえ実行しました。その結果は、極めて印象的なものです。

完璧に最も近い顔

彼は、世界における王室の何人かのメンバーでテストを行った後、最も驚くべき結果を得ました。故ダイアナ妃は、彼の集計したランキングのトップに上り詰め、最も完璧に近い顔つきをしています。

美の黄金比に近づいて弾き出されたダイアナ妃のスコアは、89%を記録しました。誰もが知るウィリアム王子とハリー王子の母親であるダイアナは、世界中で頭角を現した彼女の美しさにおいても良く知られる存在でした。

ちなみに、同ランキングでトップ5を締めた他の王室メンバーは、次のとおりです。2位:ヨルダンのラニア女王(88.9%)、 3位:グレース・ケリー(88.8%)、続けて4位は、メーガン・マークルが(87.4%)であることが明らかになっています。そして最後に、ケイト・ミドルトンは、5位にランクされました。

Advertisements
Advertisements