ファミリー向けではない犬種:保険料を一気にアップさせる犬種とは

Advertisements
Advertisements

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは攻撃的な犬種として知られています。アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは、ピット・ブルに関連しています。そのため、子犬の頃から躾が良くされていなければなりません。躾がされていない場合は、攻撃的で制御できない状態になってしまいます。適切に躾がされている場合は、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは人間に対してもフレンドリーです。しかし、躾がされていない場合は、攻撃的です。そのため、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアをペットとして飼うことは危険が伴います。

ペロ・デ・プレサ・カナリオ

名前からも分かるかもしれませんが、ペロ・デ・プレサ・カナリオはもともとスペインのカナリア諸島原産です。一般的には、ドゴ・カナリオとして知られています。がっしりとした筋骨隆々で骨太の体つきをした、たくましい犬です。ペロ・デ・プレサ・カナリオは、護畜犬種として生まれました。しかし、ペロ・デ・プレサ・カナリオは攻撃的だという悪評もあります。ペロ・デ・プレサ・カナリオは危険になるかもしれないため、多くの地域では飼うことが許可されていません。そのため、子供がいる場合は、ペロ・デ・プレサ・カナリオを飼うことは避けたほうがいいでしょう。

Advertisements
Advertisements