ファミリー向けではない犬種:保険料を一気にアップさせる犬種とは

Advertisements
Advertisements

土佐闘犬

多くの人々は土佐闘犬について聞いたことがないかもしれません。比較的、マイナーな犬種です。多くの国では、土佐闘犬をペットとして飼うことを禁止しています。その理由は、土佐闘犬の悪評です。もともと、土佐闘犬は闘犬として生まれました。しかし、ほとんどの闘犬は犬とのみ戦い、他の動物には気にも留めません。しかし土佐闘犬は、何に対しても戦います。それが、例え飼い主であってもです。適切なトレーニングでさえ、土佐闘犬を時には止めることができません。土佐闘犬が攻撃し始めると、止めるのはほぼ不可能と言っていいでしょう。そのため、子供がいる家庭で土佐闘犬を飼うことは避けましょう。

ドゴ・アルヘンティーノ

南アメリカのアルゼンチン原産のドゴ・アルヘンティーノ。狩猟用として生まれました。またドゴ・アルヘンティーノは政治的にも使われています。ドゴ・アルヘンティーノは強いため、闘犬としても良いでしょう。とても攻撃的な性格のため、10カ国以上でドゴ・アルヘンティーノを飼うことは禁止されています。躾がされていても、人間を襲う可能性が残っています。そして、ドゴ・アルヘンティーノは飼い主でさえ襲うことがあります。

Advertisements
Advertisements