アマゾン熱帯雨林の自然の旅

ジャボチカバ

Advertisements
Advertisements

ジャボチカバはアマゾン熱帯雨林で見つけられるもう一つの面白い木です。ジャボチカバの実は、木の幹で成長します。そして、実の味はまるでブドウのようです。この果実はもともと緑ですが、食べ頃になると黒っぽい色になっていきます。ジャボチカバの花は、大体1年に2回咲きます。果実が木の幹に作られるため、他の動物は簡単にジャボチカバの実を食べることができます。これらの果実を手に入れるために、高い所まで登る必要はありません。ジャボチカバの実は、ゼリーの材料としても一般的です。そして、夏にはフレッシュなジュースにもなります。それだけでなく、ジャボチカバは発酵でき、強いワインを作ることだってできるのです。ジャボチカバの木の成長には時間がかかります。しかし、一度大きくなると、ジャボチカバの木は大変価値のあるものです。

Advertisements