アマゾン熱帯雨林の自然の旅

先住民

Advertisements
Advertisements

アマゾン熱帯雨林には豊富な生命が宿っています。そして、それは何百万の種類の植物や動物だけではありません。一部の人間も含みます。それらの人々にとっては、アマゾン熱帯雨林が故郷です。アマゾンの先住民たちは、熱帯雨林の中で何百年もの間生き抜いてきました。少なくとも、アマゾンには17の民族が存在していました。一つの例として、マナウスが挙げられます。マナウスはブラジルにあります。マナウスは、アマゾン川沿いにある最大の都市です。マナウスの人口はおよそ1700万人であります。アマゾンに住んでいる他の人々は、ヤノマモ人やカヨポ人などが挙げられます。彼らは、何千年にも渡りアマゾンで生活してきました。彼らは、動物を狩ったり、穀物を育てたり、植物を収集しながらアマゾン熱帯雨林で生活をしてきました。今日、彼らはまだ伝統的な生活を守りながら生活しています。

Advertisements