アマゾン熱帯雨林の自然の旅

サシハリアリ

Advertisements
Advertisements

サシハリアリは世界で最も痛みを与える昆虫だと考えられています。サシハリアリが刺す痛みは、まるで弾丸に打たれたかのような痛みであり、その痛みは自然的に24時間後に消えていきます。サシハリアリの呼び方は様々です。しかし、ベネズエラでは、「24時間アリ」と呼ばれています。なぜなら、サシハリアリの痛みは24時間続くからです。しかし、ブラジルでは、「大きな黒蟻」と呼ばれています。サシハリアリの痛みは、現在Schmidtの痛みレートで最高値となっています。サシハリアリには、大きな針があります。アマゾンや中南米の熱帯雨林では、サシハリアリが頻繁に見られます。一部の人は、サシハリアリに刺された痛みが耐えられるほどの痛みだと主張していますが、痛みは酷くなる可能性があります。あなたは、サシハリアリに刺されたことがありますか?

Advertisements