アマゾン熱帯雨林の自然の旅

内生菌

Advertisements
Advertisements

アマゾンが世界最大の森だということもあり、アマゾン熱帯雨林には本当に多くのものが見れます。そしてこの熱帯雨林には、地球上で見られる究極にユニークな生物の一部が見られます。ここで、ご紹介したいものがペスタロチオプシス・ミクロスポラです。ペスタロチオプシス・ミクロスポラは、菌の種類です。ペスタロチオプシス・ミクロスポラは2011年にプリア・アナンドによって発見されました。驚くことに、当時プリアはイエール大学で勉強している学生でした。ペスタロチオプシス・ミクロスポラは内生菌の一種で、プラスチックを壊すことができます。これらの菌は、バクテリアとしても知られており、根、茎、葉、実、花といった様々な植物の組織の中で生きることができます。ペスタロチオプシス・ミクロスポラは菌ですが、特記するような影響を植物に与えません。現在、多くの研究がこの菌について研究しています。そして、ペスタロチオプシス・ミクロスポラは私たちのプラスチックによる汚染問題を解決に導くのではないかと考えられています。

Advertisements