アマゾン熱帯雨林の自然の旅

ラフレシア

Advertisements
Advertisements

アマゾン熱帯雨林には、大きな蜘蛛が存在するだけではありません。アマゾン熱帯雨林には、世界最大の花も存在します。その花はラフレシアと呼ばれ、死骸のような臭いを発します。何秒もの間、嗅げるような臭いではありません。腐ったような不快な悪臭です。この嫌な匂いが、ハエなどの昆虫を集めます。ラフレシアは、生物学上で最も不思議な植物の一つでしょう。この大きな花には、茎、根、そして葉がありません。ラフレシアは他の植物に頼って生きています。ラフレシアは最短でも2年に1度しか咲かない花です。そして花はたったの5-7日間しか咲き続けません。

Advertisements