裸で寝るべき6つの理由とは?

裸で寝ることは、健康面でも性的にも多くのメリットがあります。しかし、ほとんどの人はこのことに注意を払っていないようです。パジャマで寝ることに慣れている人でも、新しい感覚に慣れるまでには、数日かかるでしょう。しかし、全裸で寝ることに慣れ、完全にリラックスした状態で目覚めることができるようになると、もう後戻りはできません。

では、あなたが下着を脱ぎ捨てて、裸で寝るべき理由とは何でしょう?

1.夜に股間をリラックス

タイトなジーンズに何時間も閉じ込められ、日が沈むのを待っている間、静かに息苦しさを感じている私たちの哀れな性は、涼しい夜を歓迎するでしょう。

Advertisements
Advertisements

しかし、彼らが恐ろしい細胞から解放されるとすぐに、彼らはピルを詰め込むか、さらに悪いことに、彼らの日小屋に捨てられます。幸せなセックスはその所有者も幸せにすることは言うまでもありません。

2.女性の感染を制限する

服を着ないで寝ると、体が呼吸できるようになります。これにより、特に女性の膣内のバクテリアや感染症の生成を促進する発汗や湿気が大幅に軽減されます。 膣内は温かくて湿った環境です。そのため、細菌が繁殖するのに最適な場所です。

夜間に膣から熱を逃がせば、真菌感染症のリスクは確実に減ります。また、ベッドリネンを選ぶ際には、合成繊維の寝具ではなく綿を選ぶとよいでしょう。

3.彼らのヨニと再接続します

裸で寝ると、体温を服の中に溜め込まずに布団の中で放出できるだけでなく、血行が促進されて、体が温まります。さらに、筋肉がよくほぐれるので、血行も促進されます。 また、布を挟むのではなく、震える体を相手の体に押し付けるのもいいでしょう。 組み合わせが決まる前に夢中になってやっていた楽しい遊びを思い出すことができるかもしれません。

4.良い髪を

裸で寝ると髪の毛が増えます。信じられないかもしれませんが、裸で寝ると体温が高くなります。 裸で寝ると体温が高くなり、すぐに眠れるようになるだけでなく、老化防止ホルモンであるメラトニンの分泌が促進されます。

このホルモンは、細胞の再生を促し、その結果、肌や髪の質を向上させます。 そして、皆さんご存知の通り、良い肌は良い髪を意味します。”皮脂クレンジングをしてきました “と答えています。”いいえ、私は裸で寝ます”。

5.より良い自尊心を促進する

自分の裸に責任を持つことは、たとえ布団の中や暗闇の中であっても、完全な受容への大きな一歩となります。体の受け入れに悩んでいる人にとっては、本当に大きな違いとなるでしょう。裸で寝ることは、自分自身と折り合いをつけるのに役立ちます。自分に自信が持てるようになり、自己肯定感を持てるようになります。

仕事の後に「寝間着」でうろうろするのをやめれば、座り仕事が減り、予定外の外出が増え、朝はパジャマでうろうろせずにさっさと起きてしまうようになるかもしれません。

6.はるかに安らかな睡眠を促進する

体を感染症にさらすことなく睡眠を楽しむためには、単純に裸で寝ればいいのです。Tバックも、パジャマも、何もありません。虫のように裸でなければならないのです。 つまり、アダムの服を着て寝るのです。この習慣はあなたにとって良いことばかりです。

このアダムの服は、女性に自由な動きを提供するだけでなく、膨らみを感じさせてくれます。 その一方で、それほど暑くないときには、不便さがひとつ減ります。

Advertisements
Advertisements