数分で眠りにつくための3つの確実なコツ

心臓が酸素を必要とするように、人間の体も正常に機能するためには休息が必要です。そう、重要でなければ人生の3分の1を睡眠に費やすことはないのです。

確かに、睡眠によって私たちは体を元に戻すことができます。そう、体力を回復させ、神経細胞の再生を促すためです。

しかし、多くの人が、睡眠の不足や質の低下という問題に直面しています。その原因は、仕事のストレスや不安感、さらにはうつ病などであることが多いようです。もしあなたがそうであれば、もう心配する必要はありません。

次の行で、すぐにモルペウスの腕の中に入るための確実なテクニックをご紹介します。準備はいいですか?では、さっそく始めましょう!

なぜ睡眠は健康に重要なのか?

健康を維持するためには、優れた睡眠習慣を持つことが重要です。忙しい現代社会では、睡眠は時間の無駄と思われがちですが、実はそうではありません。

睡眠は、体の正常な機能、特に細胞の再生に不可欠です。

体内で死んだ細胞と入れ替わるために新しい細胞を作ることができるのは、睡眠のおかげなのです。

Advertisements
Advertisements

また、寝ている間は、体がスローモーションで動いています。代謝が低下すると、呼吸がゆっくりになり、心拍数が低下し、さらには血圧(血液と筋肉の両方)が低下します。

さらに、睡眠は脳や記憶にも重要な役割を果たします。

実際、脳が一日中蓄えられたさまざまな情報を仕分けし、統合し、同化するのは睡眠中なのです。

呼吸法

ベッドに横たわり、目を閉じて楽な姿勢をとり、自分自身を睡眠状態にします。 

まず、呼吸のリズムを崩さないようにコントロールします。息を吸って、ゆっくりと深く吐き出します。

同時に、体を完全にリラックスさせ、筋肉の緊張をほぐします。

筋肉の弛緩

上から下に向かって、顔の筋肉をほぐし、あご、舌、目の順にほぐしていきます。

肩の筋肉をできるだけ下げてリラックスさせ、腕の筋肉を指先までリラックスさせます。

パチパチという音で胸に感じる圧迫感を解放しながら、ゆっくりと呼吸を続ける。脚、膝、足をリラックスさせる。すべての緊張が解けたら、数秒間、この姿勢を保ちます。

メンタルリラクゼーション

このステップでは、心を空っぽにして、すべての反芻を止め、呼吸と心象に集中します。心を落ち着かせ、リラックスさせることが目的です。

物事をよく考えるタイプの人は、これを実践するのは少し複雑に思えるかもしれませんが、時間をかけて身につけることができます。

この探求を助けるために、3つの視覚化が推奨されます。

  • 湖のほとりでカヌーに乗って、木に当たる水の波と頭上に広がる青い空に守られている自分の姿を見る。
  • 真っ暗な部屋で、黒いベルベットのハンモックに乗って丸くなっている自分を想像する。
  • 落ち着いた姿勢の自分をイメージして、ゆっくりと「考えない、考えない」と繰り返します。

6週間の練習の後、96%の人がすぐに眠りに落ちます。

不眠症が続く場合は、眠る前の習慣をつけることをお勧めします。

これは、就寝時に寝室の窓を開けて部屋の空気を入れ替えて涼しくし、すべての光源やスマートフォン、テレビ、パソコンの画面を遠ざけるというものです。

最後に、快適で静かな、暗闇に包まれた繭のような部屋を作ることです。

Advertisements
Advertisements