仕事の先延ばしを克服するための5つのヒント

あなたには、何事も明日に持ち越す癖がありますか?仕事を終わらせないための言い訳はお手の物ですか?

締め切りに間に合わなかったり目標を達成できなかったり、さまざまなタスクが山積みになっています。今こそ、自分の手で問題を解決する時なのです。

この記事を読めば、自分がなぜ先延ばしにしがちなのかを理解し、この悪癖を克服して仕事の生産性を高めるためのヒントを見つけることができるでしょう。

先延ばしとは何ですか?

先延ばしとは、すぐにできることを後回しにしてしまう傾向のことです。

困難な課題に直面したときのネガティブな感情を避けるための自然な衝動です。一方、問題は、時間があなたに追いついてくるということです。

Advertisements
怠慢
Advertisements

遅かれ早かれ、その代償を払わなければなりません。では、先延ばしにしないためにはどうすればよいのでしょうか?私たちは、今日から実践できる、とても興味深いヒントを提供します。早速、見ていきましょう。

  1. 前日または目覚めたときに一日の準備をする

ここでのポイントは、一日の準備にエネルギーを集中させることです。逆に言えば、準備ができていない日は、集中力を欠き、予想外のことに気を取られてしまうことが多いからです。

怠慢

一日の準備(やるべきことを計画する、To-Doリストを作る、タイムブロッキングなどの時間管理方法を実践するなど)は、やるべきことが山積みになっているのに、どこから手をつけていいかわからずに先延ばしにしてしまうことを避けるための最良の方法です。

2.その日の成果を3つ設定する

このヒントでは、1日の行動の上位3つを特定します。先延ばしをしないためにも、この1日の優先行動3つに印をつけて(視覚的に分けて)おくことをお勧めします。

なぜ3つなのか?現実的な数字であり、効率的に1日を過ごすのに十分な大きさだからです(これ以上選ぶと、水面下で不必要なストレスを感じてしまうかもしれません)。

怠慢

直感的ではないかもしれませんが、これは1日の時間を節約するための最良の方法の1つです。

この3つの行動を確認したら、次の2つの選択肢があります。

  • 1日の中で優先的に実行する。まずはそれから始めることで、彼らを排除することができます。
  • または、マイクロタスクをまず排除してからこの3つの優先事項に集中する。

それはすべてあなたの性格と好みに依存します。

3.気が散る原因を避ける

今の時代、とてもたやすく気が散ることになります。スマートフォンをワンクリックするだけで、気づかないうちにウェブやソーシャルネットワークを何時間も閲覧してしまうことがあります。

同僚がおしゃべりしているのはもちろんのこと、不定期に行われるミーティングや、無数に届く通知も気になります。これらの活動はすべて、仕事よりもはるかに楽しく、興味深いものなので、我慢するのは大変です。

怠慢

そのためには、自分を孤立させ、断ち切ることが必要です。日中、スマートフォンやビジネスフォンを持たず、通知を受け取らずに、オフィスで孤立して一人で仕事をする枠をいくつか設けてください。

タスクを達成するためにインターネットが必要ない場合は、迷わずインターネットから切断します。そうすることで、目の前のタスクに集中し、目標を達成するまで集中することができます。

4.休憩を取る

仕事では、常に100%の能力を発揮することは不可能です。私たちの脳は、パフォーマンスを維持するために、時々休息する必要があります。どんなに優れたアスリートでも、休息を取らなければ怪我をしてしまいます。

しかし、それだけではありません。休息をとることは重要ですが、理想的なのは何もせずに数分間空想することです。

怠慢

SNSを見たり、メールを読んだり、同僚と話したりするのではなく、窓の外を眺めたり、音楽を聴いたり、目を閉じたりしてみましょう。

これをマインド・ワンダリングといいます。考えを巡らせることで、日々の仕事をより効率的に、より注意深く、よりエネルギッシュにこなすことができます。

5.自分にご褒美を与える

先に述べたように、人はリラックスしたり楽しんだりするのが好きです。だからこそ、つまらないことや面倒なことを明日に延ばしてしまうのです。

先延ばしを克服する効果的な方法は、タスクを完了したり、目標を達成したりしたときに、自分にご褒美を与えることです。目的は、自分を喜ばせることで、モチベーションを維持することです。

例えば、仕事が終わったらすぐに休憩を取る。同僚とコーヒーを飲んだり、おしゃべりをしたりする。小説を何ページか読んだり、ソーシャルメディアで数分間ネットサーフィンしたり。

つまり、自分が喜ぶことをして、自分の努力や仕事に報いようというわけです。

これらのヒントを実践すれば、先延ばしをやめて、仕事の効率と生産性を高めることができるでしょう。それはあなた次第です!

Advertisements
Advertisements