SPF 15、30、50の違い

日焼け止め製品は、夏場に使用されることがほとんどですが、それは当然のことです。しかし、SPFの数値を勘違いしてしまう傾向があります。ここでは、その点について説明します。

Advertisements
Advertisements

SPFとは何ですか?

Sun Protector Factor(サンプロテクターファクター)は、SPFと略され、優先的にUVBを防ぐだけでなく、肌の老化を促進するUVAに対する保護も行います。SPFは、日焼け止め製品のUVBに対する保護の度合いを評価する指標です。SPFには4つのレベルがあります。

  • 低:6〜10の範囲。
  • 中:15〜25の範囲。
  • 高:30〜50の範囲。
  • 非常に高い:50以上。

実際のSPF15、30、50の違いについて

注目すべき主な違いは、UVBをカットする度合いをパーセンテージで表したものです。SPF15は約92%、SPF30は約95%、最後にSPF50は約98%の紫外線をカットします。

ここで知っておきたいのは、紫外線を100%カットできるクリームはこの世に存在しないということ。だからこそ、どのSPFを選ぶにしても、体の最も敏感な部分を省くことなく、定期的に塗るべきなのです。例えば、午前11時から午後3時の時間帯を避けて、1時間おきに塗るといいでしょう。午前11時から午後3時の時間帯は、太陽の光が特に肌に負担をかける時間帯です。

最後に、あちこちで書かれていることとは逆に、SPF50のクリームを使っても完全に日焼けすることができます。

Advertisements
Advertisements