実際の出来事に基づく3つのホラー映画

画面に突然、不気味でぬるぬるした顔が出てきて、ちょっとした恐怖を感じる瞬間は誰にでもあります。明らかにフィクションよりもリアルなホラー映画があります….. 確かに、単なるフィクションが実話になるとは想像できなくても、十分にあり得ることです。この記事を読んだ後は、ホラー映画といえる作品に懐疑的になることはなくなるでしょう。
ここでは、実際の出来事に基づいた3つのホラー映画を紹介します。

1.悪魔の棲む家

本作は、新居に引っ越してきた家族の物語です。 しかし、引っ越してきたばかりの家が、家族の悲劇の舞台となっていたことを知らない。一家の父親はやがて気が狂ってしまい、残りの家族を殺してしまう。血湧き肉躍るホラー映画であることは誰も否定しないでしょう。しかし、この話で最も気になるのは、このホラー映画が実際の事実に基づいているということです。

Advertisements
Advertisements

しかし、その現実は少々異なっています。それは1974年から1976年にかけての出来事です。1974年11月13日、ロナルド・ジュニア・デフェオは、両親と兄弟が眠っている間に殺害したのです。その後、この家を購入したルッツ家が超自然現象を目撃したといいます。幸いなことに、この実話は第二の家族のドラマでは終わらない。虚構よりも現実に近いホラー映画はこれだけではありません。発見を続けよう。

2.エクソシスト

あなたはおそらくこの映画を知っています。ホラー映画のファンなら喜んでくれるでしょう。この作品は、今までに見たことのないような、最も怖くて恐ろしいホラー映画のひとつです。

ストーリーは、悪魔に憑依された少女と、彼女を救おうとする母親を中心に展開します。しかし、実際のストーリーは、占い板で遊んだ後に憑依された15歳の少年の話です。映画と現実の大きな違いは、現実ではエクソシストの神父は死なないということです。彼は少年に傷つけられただけなのです。信じられないでしょう?このようなことは誰にでも起こる可能性があります。気をつけてください。….. しかし、一番怖いのはまだこれからです。

3.エルム街の悪夢

この映画は、残酷さよりも奇妙さが際立っています。この映画は、夢の中で被害者を殺害する殺人者の話です。もっとも奇妙なのは、映画ではなく、この映画のベースとなっている物語です。しかし、この映画が全くの嘘ではないとは誰も信じられません。しかし、この映画の監督であるウェス・クレイヴンは、カンボジアの少年の話からヒントを得たと明かしています。その少年は、寝ている間に死んでしまうのが怖くて眠るのを拒否していました。

そして、何週間もかんしゃくを起こして嫌がった後、ようやく眠りにつきました。しかし、夜中に彼の泣き声を聞いた両親が彼の部屋に入ると、彼は死んでいました。その死因は謎のままでした。非常にショッキングで悲しい物語であり、映画よりも現実の方がもっと怖い。

Advertisements
Advertisements