意外と知られていない3つの美の基準

「魔法の鏡よ、私が一番きれいだと言って!」。多くの女性がこのフレーズを知っていて、幸運な人になりたいと願っています。しかし、美しさの認識は人によってかなり異なるものです。中には、かなり変わった美の基準もあります。

美しさが相対的なものであることは事実ですが、普遍的な美しさの基準はあります。しかし、世の中にはちょっと変わった美の基準があります。

そんな変わった美の基準を発見してみませんか?

1.唇の装飾用のお皿

美しさは世界のどこでも重要ですが、その表現方法は必ずしも同じではありません。また、世界のすべての国で「美」が同じ意味を持っているわけではありません。エチオピアのムルシ族では、装飾的なお皿の着用は、美しさの基準というだけではありません。また、女性の社会的地位を示す象徴的な手段でもあります。お皿が大きければ大きいほど、その女性の社会的地位は高くなります。

Advertisements
Advertisements

しかし、唇の飾り(dhébé)の主な目的は、男性を魅了することです。そのため、ムルシ族の女性は、男性がいるときや特別な機会にしか「デベ」をつけません。この平らなお皿は、10歳になると下唇に挿入されます。この美の基準は、アカデミー賞の「最優秀・変わった美の基準賞」を受賞できるかもしれません。中国では、この装飾用の円盤に簡単に対抗できそうな美容法が存在していました。

2.纏足

足を縛ると聞くと、美容とどう関係があるのかと思われるかもしれません。しかし、この習慣は中国で古くから親しまれてきたものなのです。これは、小さな足が最も美しいという原則に基づいています。また、男性にとっても魅力的であると考えられていました。そこで、女性の足の指を折って、足の裏に折り込みます。その後、足の裏を包帯でぐるぐる巻きにしていきます。

包帯を巻いた後の女性の足は、元の大きさの半分しかありませんでした。確かに、この作業はとても痛い。このようにして包帯を巻いた足は、小さくてデリケートだと考えられていました。さらに、足を包帯で巻くのは、社会的地位の高い女性に限られていました。この美の基準は1940年に禁止されましたが、一部の女性にはその影響が残っています。足を縛るということは、実に束縛的なことなのです。しかし、美の基準の中では最も珍しいものではありません。

3.肥満

女性は、スリムなウエストが美しさの証だと思いがちですが、これはあながち間違いではありません。意外なことに、大きな体やたくましい体格も美しさの証になるのです。モーリタニアでは、まさにそれが実現しています。モーリタニアの女性は、太るためには何をしてもいいと思っている人が多いのです。

なぜなら、モーリタニア男性は強くてたくましい女性が好きだからです。彼らにとって、痩せていることは貧困と栄養不足の証であり、太っていることは富の証なのです。ですから、幸運にも夫を見つけるためには、喜んで自分を太らせなければならないのです この習慣は、異常な美の基準と言われるかもしれませんが、実は文化なのです。というのも、「美は見る人の目の中にある」という言葉があるからです。  美しさは標準化できるものではありません。

Advertisements
Advertisements