独り言は危険か有益か?

よく独り言を言ってしまうという方、慌てないでください。安心してください、あなたは狂気の道を歩んでいるわけではありません。むしろ、意図せずに独り言を言ってしまうこともあります。

そして、不幸にして人前でそのようなことをしてしまうと、疑惑の目で見られることになります。ほとんどの人にとって、独り言を言うのは認知症や精神的なバランスを崩している証拠だと思われがちです。

しかし、実際にはその逆です。独り言を言うことは決して危険ではありません。そして何よりも、認知症になっているわけではありません。全くその逆です。しかも、科学的には、独り言を言うことは、優れた知性の証なのです。実際、この習慣には多くの利点があります。

ここでは独り言が危険ではなく、むしろいかに有益なものであるかをご紹介します。

独り言は自然現象

独り言を言っている自分に気づくと、誰もが気まずい思いをするものです。恥ずかしいですよね?

しかも、それはどこでも起こりうることです。例えば、路上やレストラン。一人でいるときにも。しかし、それが頻繁になると、自分がおかしいのではないかと思ってしまいます。

Advertisements
Advertisements

ところで、独り言を言うのはまったく自然なことで、科学的にも証明されています。そう、専門家によれば、私たちは子供の頃からこの習慣を持っているそうです。声に出していなくても、頭の中で独り言を言っているのです。

確かに、大人になると声に出して独り言を言うことは少なくなります。しかし、重要なことを思い出そうとするときには、自然とこの習慣が出てきます。しかし、重要なことを思い出そうとするときや、仕事に集中しようとするときには、自然とこの習慣が身についています。また、自分を励ますことで、気づかないうちにこのような独り言を始めてしまうこともあります。

ですから、独り言を言うことは決して危険なことではないという事実を、ぜひ直視してください。独り言を言うことは、私たちが無意識に行っているごく自然なことなのです。さらに、独り言は多くの利点を持つ現象でもあります。

自分自身と話す:超インテリジェントであることの資産

独り言は精神疾患だと思っている人も、そのメリットを知ればきっと考えが変わるはずです。  イギリスのバンゴー大学の専門家の研究によると、独り言は知能を高める効果があるそうです。

独り言を言い始めると、普段よりも速く思考するようになります。そして、頭の回転が速くなると、特殊な状況や複雑な状況に対処するための準備が整います。さらに、問題をより早く解決できるようになります。

なぜ独り言が頭の良さにつながるのか?

それはとてもシンプルです。今回の研究で、独り言は学習速度を上げるための最良の方法であることがわかりました。そして、学習速度が速ければ速いほど、頭が良くなるのです。

例えば、新しいタスクの手順を声に出して暗唱すると、より簡単に習得できます。奇妙に聞こえるかもしれませんが、科学のおかげで、独り言を言うことで進歩することがわかっています。

ストレスを軽減するシンプルな方法

独り言を言うことにはたくさんのメリットがあります。そして、最も有益な効果の1つは、ストレスの軽減です。ちょっと気味が悪いですよね。独り言を言うことで、どうしてストレスが減るのでしょうか?

独り言を言うことで、自分の考えに気づき、前向きに一歩を踏み出すことができます。そうすることで、不安や感情を上手にコントロールできるようになり、かなりのストレス解消になるのです。

独り言を言うことは、心の健康にとても大切なことなのです。心の中にあるものをすべて吐き出すことができます。心を落ち着かせる効果があります。つまり、独り言を言うことは、認知的にも行動的にも非常に重要な効果があるのです。

心を落ち着かせ、日々のストレスを軽減するには、独り言を言うのが一番の近道です。心が落ち着き、より充実したバランスのとれた生活を送ることができるでしょう。

Advertisements
Advertisements