ヘルスパス:知っておくべきこと

Covid-19対策の一環として、フランス政府は6月9日、フランス国内では特定の状況下でヘルスパスの使用が義務付けられたことを発表しました。このパスは、7月21日以降より多くの公共の場で使用される予定です。

しかし、多くのフランス人は、このパスの詳細をまだ理解していません。これは何のためにあるのでしょうか?どうやって手に入れるのか?

さて、さて、さて。このような疑問をお持ちの方のために、ここで知っておくべきことをお伝えします。まずは、ヘルスパスとは何か、何のためにあるのかを知ることから始めましょう。

ヘルスパスとは何か?

ヘルスパスは、その誤解を招く名前にもかかわらず、単一のドキュメントではありません。あなたはそれを一種の「フォルダ」として捉える必要があります。

Advertisements
Advertisements

つまり、予防接種の状況、陰性検査の結果、または回復証明書を確認するためのファイルで、例えば、1,000人以上が集まる集会やイベントへの参加を許可するものです。

さて、ヘルスパスの内容を理解したところで、それを構成するさまざまな仕組みについて説明します。

ヘルスパスに関連する新しい規定は何か?

「ヘルスパス」には、次のようないくつかの規定が組み込まれています。

健康活動パス

これは、国の再開計画の一部として実施されます。エピデミックの蔓延のリスクを制限し、危険な状況での汚染の可能性を最小限に抑え、したがって医療システムへの圧力を最小限に抑えながら、各セクターに固有の医療プロトコルに加えて、特定の活動または場所の段階的な再開を可能にします。 

2021年7月21日:

  • 「ヘルスパス」は、50人以上が集まるレジャーと文化のすべての場所に拡張されます。

8月上旬:

  • 「ヘルスパス」がカフェ、レストラン、ショッピングセンター、病院、老人ホーム、医療・社会施設、および長距離移動のための航空機、列車、長距離バスにも拡大される。その他の場所については、流行状況に応じて必要に応じて後日追加される可能性があります。
  • 「ボーダー・ヘルスパス」は、欧州のグリーン・サーティフィケートとボーダー・ヘルス・コントロールの枠組みの中で実施される。これにより、首都圏への入国の安全性を確保し、国境での衛生管理措置の実施を容易にするとともに、証明書類の偽造を防止することができます。

ヘルスパスは必須か?

TousAntiCovidの申請は義務化されていませんでしたが、ヘルスパスは、1,000人以上が利用する文化施設やレジャー施設への訪問、コルシカ島、フランス海外県・領土、ヨーロッパへの旅行の際に義務化されました。

オフィス、バー、レストラン、美術館、その他の日常的な施設への入場に関しては、行政はこの健康パスを廃止し、「国民の十分な予防接種率」に頼って再開することを決定しました。  「人々の生活を妨げてはならない」と、エマニュエル・マクロンは当時、このヘルスパスの使用について説明していました。

ヘルスパス:子供も利用できるのか?

ヘルスパスは11歳からの義務となっています。 現在、ワクチン接種は18歳以上に限られているため、未成年者がヘルスパスを取得するためには、両親の責任のもと、Covid-19のウイルス検査または抗原検査を受ける必要があります。

ただし、「Covid-19のリスクが非常に高い、または免疫不全の人の近くにいる」16~17歳は例外です。保護者の方は、TousAntiCovidモバイルアプリケーションで子供の証明書を登録することができます。

健康パスを取得する方法は?

ワクチンを接種していない方は、PCR検査または抗原検査が48時間または72時間以内に陰性であること、またはCovid-19回復証明書を提示してください。ワクチン接種済みの方は、完全なワクチン接種サイクル(必要なワクチンは2回接種)の証明書を提示する必要があります。

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンは2回接種が必要です(ジョンソン&ジョンソンのワクチンのみ1回接種)。

さらに、最後の注射後の免疫期間を尊重する必要があります(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカは14日間、ジョンソン・エンド・ジョンソンは28日間)。すでにCovid-19を罹患したことがある人への単独注射については、注射後2週間の免疫期間を尊重しなければなりません。

ヘルスパスはどのようにチェックされるのか?

公共の場所のセキュリティサービス、イベントの主催者、航空会社、警察、税関は、1000人以上の場所へのアクセスを管理するために、ヘルスパスをチェックする権利があります。

TousAntiCovid Verifyリーダーアプリケーションを使って、ユーザーのQRコードをスキャンすることで、ヘルスパスの有効性をチェックすることができます。

ヘルスパス

このアプリケーションには、次のような情報が表示されます。「有効なパス」または「無効なパス」と「姓、名」で、他の健康情報は表示されない。ただし、TousAntiCovid Verifの代替バージョンが航空会社に提供されており、予防接種の日付や種類など、より「詳細な」コンテンツにアクセスすることができます。 ヘルスパスをチェックする権限を持たない専門家は、1年の禁固刑と45,000ユーロの罰金を科せられる。

Advertisements
Advertisements