男性が妻への最高の贈り物のために数ヶ月と4万3千ドルを費やす

クリスは、5,500ドルの小屋を夢のティキ・バーに変えることにしました。まったく新しい高価な木製の空間をつくるのではなく、すでに現場にあったものを利用しました。南国風にするために、屋根に乾燥した草やヤシの葉を丁寧に敷き詰め、普段は雨よけの鉄板を隠しています。
Advertisements
Advertisements

屋根にはマルチング材を敷き、壁には植物で覆われた木の板を敷けば、外壁を隠すことは簡単にできました。でも、バーやレストランの名前を表すために、ちょっとした飾りをつけずにはいられませんでした。しかし、ここは格納庫の中なので、快適で堅苦しくないコーナーにするためには、内装は別のものにしなければなりませんでした。

Advertisements
Advertisements