家の壁を壊してみたとことろ、彼の自宅は思ったよりも大きいことに気がついた

石垣の後ろ

この物語は、家系の間で長年受け継がれてきたこの家の現在の所有者が、自分の力で自宅を改築し、現在の家族が必要なスペースを確保するという決意を固めた、1963年当時にまでにさかのぼります。まずこの男性は、家の壁を破壊することから始めました。彼の決断したこの最初のステップは堅実であり、こうすることで、後の作業がより円滑になることは確実でした。また彼は、そこまで時間を欠けずに改装作業は完了できるだろうと確信していました。 

Advertisements
Advertisements

何時間もかけて数層の石を破壊した彼は、ある出来事に注意を引かれました。彼は壁の反対側で、石の破片がすでに崩壊していることに気づき、それは彼のハンマーがボイドにぶつかってしまったことにより発生した事態でした。これにより男性は、家の壁の後ろに開口部があるのを発見し、まずこれの正体を突き止めることにしました。やがて彼は、その開口部は想像していたよりもはるかに深いことに気付いたのです。彼は一旦作業道具を片付けると、自身の好奇心に従うことにしました。そう、ここで彼がかすかに抱いていた疑惑は、実に正しかったのです。そこでは、何かが壁の後ろに隠れていました。

放棄されたトンネル

隠された壁の後ろの開口部に興味をそそられた男性は、その壁の後ろに何があるのかを調べてみることにしました。しかし残念ながら、その背後の部分を見るには、その部分はいささか暗すぎました。そのため彼は、まず二階へと登り、懐中電灯を手に戻ってきました。そこから彼は、懐中電灯の光を灯し、足場を確かめながら穴の中へと侵入しました。この当時の彼は、早く脈打ち始めており、彼はトンネルの終わりに、何を期待すればよいのか、まるで見当がつかなかったのです。 

あなたはご存じないかもしれませんが、トルコのカッパドキア地方は、火山岩と地下の洞窟で溢れています。そして男性は、ゆっくりと地下へとに降り始めました。その隠された場所は、彼の家の下に伸びていた、一種の放棄されたトンネルだったのです。階段の終わり付近に達したとき、彼は家の地下に洞窟を発見したと信じていました。しかし彼は、現場はそれ以上のものであったことに、すぐに気付くことになります。

Advertisements
Advertisements