バーガーキングのトイレに捨てられた赤ちゃんと母親が、27年後に再会する

奇妙な雑音

ペンシルバニア州アレンタウンにあるバーガーキングのトイレから、何か独特の異音が聞こえてきたとき、この有名なファーストフードチェーンで働いていた従業員は驚きを隠せませんでした。その声は、まさしく生後間もない赤ちゃんの泣き声だったのです。しかし、なぜ赤ちゃんが1人でトイレで泣いていたのでしょうか?誰かが赤ちゃんを連れて一緒にトイレに入っているのでしょうか。それとも、誰かが赤ちゃんを棄てたのでしょうか?

Advertisements
Advertisements

鳴き声を聞いた従業員はトイレに行くと、セーターに包まれた小さな赤ちゃんが棄てられている現場を目撃しました。その赤ちゃんは生後わずか3時間しか経っていなかったものの、彼はすでに、この世界で一人ぼっちだったのです。発見者である従業員は、赤ちゃんの姿を見た瞬間、混乱や悲しみなど、様々な感情が去来しました。また赤ちゃんの周辺に、親と思わしき人物は見当たりませんでした。なぜ、誰かが小さな赤ちゃんをこんな場所に棄てたのでしょうか?

Advertisements
Advertisements