地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

LD50(致死量)評価とは、化学的化合物と、生物学的化合物における両方の毒性を推定するために使用されている、典型的な尺度のことを指します。この尺度は、世界で最も危険な有毒を秘めるヘビのリストを編集するために使用されています。このリストに登場するすべてのヘビの持つ毒が、同じように有毒であるわけではありませんが、これらは人間の生命を脅かす可能性を秘めた、最も危険なヘビとされています。これらは機動性の高い小さな体を持ち、脂っこい表面、そして実に悪名高い致死量の毒を誇ります。LD50値は、試験動物グループの50%を抹殺するに十分な毒の量を指定しており、この数値が少なければ少ないほど、より危険なヘビであるとされています。また、これは複数の動物のカテゴリーを指している可能性もありますが、今回の記事では、最も思慮すべき存在である、世界一のキラー種、ヘビを紹介します。

キングコブラ

キングコブラは、アジア全土とインドのジャングルに生息しています。このヘビは、世界で最も長い体長を持ち、また最も有毒とされています。大きいものでは6メートルもの長さに成長するため、もはや実際にコブラ科には属しません。キングコブラの脅威としては、ほとんどのコブラやマンバと同様、首のフラップを広げた後、頭を直立させて膨らませ、シューという不気味な音を立てる点にあります。このキングコブラは、いくつかのサブファミリーに分けることができます。

Advertisements
Advertisements

おそらく、このファミリーは人間にとってやや安心な種類であるはずです。彼らの体長は、実に驚異的な印象を周囲に与えるので、彼らは人間と出会うと、上半身、特に胸の領域を誇張して対峙することで知られています。一般的にキングコブラは、主にトカゲ、齧歯類、または他のヘビを狩るため、人間にとっての最大の脅威ではありません。しかし、この爬虫類は非常に協力な神経毒を持つため、敵に毒を与えてから数時間以内に麻痺、もしくは抹殺することができる可能性があります。もし人間がキングコブラに噛まれた場合、生存の可能性は40%と言われています。

Advertisements
Advertisements