地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

フィリピンコブラ

フィリピンコブラは、すべてのコブラ種の中でも最も有毒、そして最も致命的な種であり、その毒は最大で10フィート先まで吐き出すことができます。フィリピンコブラの平均の体長は1メートルで、鼻は丸くて短く、鼻孔は大きく、そして頭は楕円形でくぼんでおり、それは首からわずかに離れています。フィリピンコブラは、主にフィリピンの北部地域に生息しています。低地の平野、森林地帯、および平らな平原は、すべてこのコブラの生息地です。

Advertisements
Advertisements

彼らの毒は、人間の神経系に直接影響を及ぼし、毒にかかってから数分以内に、心臓血管系と呼吸器系を死に至らしめる程の強力さを秘めています。このフィリピンコブラの毒は、呼吸機能を破壊する、強力なシナプス後神経毒として知られています。そのかみ傷からは、頭痛、吐き気、嘔吐、胃の不快感、下痢、失見当識、呼吸困難など、様々な症状を引き起こす可能性があります。しかし、なぜこの症状が保険でカバーされないのか、誰か説明できますか?

Advertisements
Advertisements