地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

スペクタクルヘビ

スペクタクルヘビは、アジアンコブラ、またはスペクタクルコブラとしても知られています。成熟したこのヘビの体長はおよそ1〜1.5メートルにおよびます。このヘビは、特に密集している、または開けた森林部分、平野、人間の住む農地(特に水田、小麦作物地帯)、また岩の多い地形、および沼地で見つけることができます。このスペクタクルヘビは卵生です。つまり、4月から7月の間に卵を産みます。

Advertisements
Advertisements

このヘビは、早朝に木の枝に登って日光浴をした後、夕方に狩りに出かけることがよくあります。インド全土で最も活発なスペクタクルヘビは、何者かからの驚異を感じると、まるで容赦することなく相手を噛み、毒を相手へと移します。その毒液は、強力なシナプス後神経毒と心臓毒を含んでいます。またそのかみ傷は、麻痺、呼吸不全、または心臓発作などの症状を引き起こします。これらはすべて、噛まれてから15分から2時間以内に発生する可能性があります。

Advertisements
Advertisements