地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

チェーンバイパー

ラッセルクサリヘビとは、チェーンバイパーの別名です。チェーンバイパーの頭は平らな三角形をしており、その首からは独立して離れています。そして視覚ではなく、光の検出に使用される頭の上部に、一対となる小さな目がある、平らで短い顔を特徴としています。このチェーンバイパーの毒は、どのような環境下においてもその効力を発揮します。しかし、彼らは深い森林部分からは離れて生息することを好みます。

Advertisements
Advertisements

チェーンバイパーは、開けた土地、草が茂ってふさふさした環境を好んで生息します。このヘビは、地面を這いずり回る夜行性の採餌者です。しかし、涼しい時期を通して、このヘビは生活週間を変化する傾向があり、日中により活発になります。このチェーンバイパーは主に東南アジアに生息しており、地域内で最も有毒なヘビの1つであると言われています。研究によると、彼らの立てる「シュー」という音は、すべてのヘビの中でも最も大きいことが示されています。

Advertisements
Advertisements