地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

インディアンクレイト

一般的なクレイトとブルークレイトは、インディアンクレイトの別名です。このヘビは、世界で最も致命的なヘビの1つとして認知されています。その体長は約1〜1.5メートルに及び、その頭は平らで、首がほとんどありません。このインディアンクレイトは、シンドから西ベンガル、さらには南インドとスリランカの、標高1600メートルほどの高さの土地で良く見られます。またアマガサヘビは、南アジア、特にインドでのみ見られる毒ヘビです。

Advertisements
Advertisements

インディアンクレイトは夜行性で、高い標高部分に生息するブンガルス種ですが、人々が多く住む高度にまで降りてきては、人々の家に侵入することもあると報告があります。その場所の中には農場、低木地のジャングル、都市部など、幅広い環境が含まれています。インディアンクレイトにとって、他のヘビもまた主要な食事の一部です。日中に他のクレイトに出くわした場合、彼らは巧妙にその身を隠しながら、ゆっくりとしかし確実に獲物に近づいていきます。このヘビに噛まれた場合、筋肉の損傷、麻痺、および脳の損傷などが発生します。

Advertisements
Advertisements