地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ブルーアブドミナルバイパー

東南アジアには、ブルーサンゴヘビとしても知られる、ブルーアブドミナルバイパーが生息しています。このヘビには、誰として遭遇したくはないでしょう。なぜかって?通常のコブラの16倍もの毒を持っていると聞いたら、あなたはどう感じますか?かつて、タイの13歳の子供がこのヘビに噛まれたとき、その毒素の驚異が広く知られるようになりました。彼は早急に病院に運ばれたものの、無残にも数時間後に亡くなりました。この子供はヘビの毒液中の致命的な神経毒によって殺されたのです。

Advertisements
Advertisements

このブルーアブドミナルバイパーは非常にまれな種類であり、世界中の公的な機関に収容されているその標本は、約200匹にすぎません。これらの標本の大部分は、インドネシアとマレーシアから集められたものであり、癌を治療できると主張する伝統的な漢方薬を作成するために収集されていると考えられています。彼らは水の近くに住み、時々両生類、魚、そして小さな哺乳類を食物として生活します。彼らの鮮やかな青いボディは、このヘビの最も際立った特徴であり、それ故に「ブルーコーラルスネーク」というニックネームが付けられています。

Advertisements
Advertisements