地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

オーディナリーマンバ

オーディナリーマンバ(普通のマンバ)という名前はいささか退屈に聞こえますが、彼らはグリーンマンバ、ジェイムソンマンバ、そしてブラックマンバの3種類に分けられます。彼らは非常に攻撃的であり、非常に強力な有毒を持ち、その行動は予測不可能であるとされています。その生息地は主に森林地帯で、超高速で機敏に動きます。なかでもグリーンマンバは、マンバファミリーの中でも、最も頻繁に発見されています。その体長は約1.5〜2メートル、体重は最大3キロです。

Advertisements
Advertisements

彼らの毒は即効性があり、そこに含まれるエンドトキシンは、中枢神経系に損傷を与えることによって、神経毒性を引き起こします。グリーンマンバの持つ毒は、ブラックマンバのそれよりも強力ですが、その毒はブラック人マンバよりも、サルや他の霊長類に対する神経毒性の影響は少ないとされています。彼らは、獲物が死ぬか逃げるまで手放すことのない、実に凶悪な獣としてその存在が知られています。彼らの毒は強力で即効性を秘めており、もしこのヘビに噛まれた場合、迅速な治療が生存への鍵となります。

Advertisements
Advertisements