地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

セイブネズミヘビ

白唇のコブラ、または森のコブラとしても知られているセイブネズミヘビは、主にアフリカ大陸に生息しています。その体長はおよそ3メートルにおよび、世界で最も長いコブラであるとして認知されています。このヘビの名前は、目の上の黒い帽子のようなパターンに由来しており、っそれはまるで、古い英国の紳士が身に着けていたものに似ていると考えられています。専門家によると、彼らは地球上に生息する最も有毒なヘビの1種類である可能性があるとしています。

Advertisements
Advertisements

このヘビの別名「leucognathus」という言葉はギリシャ語で、「白いあご」を意味しています。 T.leucognathusは、以前はT.piceatusの色相であると想定されていましたが、ミトコンドリアDNA配列、およびその他の形態学的差異により、別の種として分類されました。T. piceatusは、すべてではありませんが、一部の作家によって、T.leucogonathusの同義語から削除されました。これらの2匹のヘビは、見た目と地理的分布が非常に似ているために混乱することがあります。しかし、遺伝的には完全に異なっています。

Advertisements
Advertisements