地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ハララカランスバイパー

ハララカランスバイパーは、ブラジル南東部の人口密集地域において、間違いなく最も悪名高い有毒なヘビです。1902年から1945年の間に計測された、すべてのヘビ咬傷のうちの約52%(3446例)の原因となっており、その死亡率は0.7%(25人)でした。紛れもなく、このヘビはブラジルで最も恐れられている毒蛇の1つであり、その咬傷は1時間以内に死をもたらす可能性があります。

Advertisements
Advertisements

ハララカランスバイパーは、体長1メートルにまで成長する可能性がありますが、80センチを超えるような標本はまれであるとされています。その尾の曲線は非常に独特な形をしており、中央には黒い色素沈着が見られ、その境界線のみが明るくなっています。そのボディは小さいものの体重は重く、くさびに似た巨大な三角形の頭を持っています。このヘビは、主にペルー東部からアルゼンチン北部まで見られ、一般的なハララカは、湿気の多いサバンナや熱帯雨林、主に海抜500〜1500メートルの地域で見られます。

Advertisements
Advertisements