地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

チャイニーズノースバイパー

チャイニーズノースバイパーの持つ毒は、生物に大量の出血を引き起こします。咬傷の症状は、強烈な痛みを伴うだけでなく、致命的でもあります。もし治療せずに放置すると、その中毒率は80%ほどに登りですが、一方で死亡率は1〜10%と低いです。この毒蛇は、主に北アフリカの砂漠、中東、およびイタリアやギリシャなどの南ヨーロッパの国々で見られます。このヘビは三角形の頭を持ち、体長はおよそ3フィートにまで成長することがあります。

Advertisements
Advertisements

チャイニーズノースバイパーの特徴には、横向きと前向きの両方向へと動くことのできる能力、および脅迫されたとき、尻尾が立つという特徴があります。このヘビの毒は、鼻腔に重大な出血を引き起こし、死へと至らしめる可能性を含んでいます。もし治療せずに放置すると、そのまま死へと至る可能性は80%とされています。しかし、効果的な治療を施せば、致死率は5%未満となります。このヘビ種は、自然には敵対的ではないため、脅迫または挑発されるまで、人間との接触を避ける傾向があります。

Advertisements
Advertisements