地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ジューガイト

ジューガイトは、ブラウンスネークの家族に属しており、主にオーストラリアに生息しています。このヘビの鱗は大きくてぶ厚く、実に驚異的な外見を誇ります。このヘビの持つ毒は、主に抗凝固剤と神経毒成分を含み、他の生物にとって非常に効果的です。そのため、このヘビを見かけるようなことがあれば、直ちにその場を離れるべきでしょう。このヘビは、獲物を消費する前に、自信の猛毒を駆使してまず獲物を麻痺させます。

Advertisements
Advertisements

ジューガイトのボディ色は、生息する環境によって異なりますが、通常は茶色と灰色の色調と、明るいパッチのブレンドとなっています。彼らの獲物は、カエル、トカゲ、そして小さな哺乳類などが含まれています。このヘビは、何者かから脅やかされたり追い詰められたりすると、すぐに攻撃する可能性があるため、もしその姿を自宅の庭や旅先で見つけた場合も、何も行動せずにそのままにしておくことをおすすめします。このヘビに噛まれた場合、すぐに医師の診察を受けないと、生命を脅かすアレルギー反応であるアナフィラキシー、または血液凝固障害を発症する可能性があります。

Advertisements
Advertisements