地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ベルチャーウミヘビ

ベルチャーウミヘビは、イルカのようにも見える独特なヘビで、長い鼻と魚の体を持っています。このヘビは、イギリスの地質学者によって1834年に発見されました。以降、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパの各地においても発見され、海の岩の近くに生息しています。このウミヘビは、三畳紀後期、ジュラ紀、白亜紀に最も多く存在していた水生爬虫類です。彼らは当時における、最も強力な捕食者の1つであり、その体長は50フィートを超えるものもありました。

Advertisements
Advertisements

ベルチャーウミヘビの持つ毒は、信じられないほど強力で、たった1ミリグラムの毒であっても、何千人もの人々を殺すのに十分であるとされています。彼らは古代、他の海洋生物と食物を奪い合う能力がなかったために、死滅したと考えられています。彼らのボディは細くて短いため、他の生物に比べて不利であったとされています。しかし、その小柄なボディにもかかわらず、彼らは世界における最も致命的なヘビとして認識されています。

Advertisements
Advertisements