地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

サハラツノクサリヘビ

サハラツノクサリヘビは、その広くて平らな頭、くさび形の鼻、そして小さな目をしており、決して見ていて楽めるような外見を持ってはいません。しかし、その醜さは表面上にだけあります。パレスチナクサリヘビとしても知られるレバントバイパーは、横に這いまわる非常に危険な毒ヘビです!この有毒のヘビは、主に中東から北アフリカ地方に生息しています。主に岩場を好んで生活するヘビは、齧歯動物やトカゲを主に餌とする小型哺乳類です。

Advertisements
Advertisements

サハラツノクサリヘビは、体長35センチにまで達するほどの長く強力なボディと、長い尾を持っています。ボディの色は濃い茶色で、上部には濃い茶色の模様がありますが、それらは尾に近づくにつれて明るくなります。また体の下側にも、濃い茶色のパッチが見られます。その目の上部分にある2つの巨大な角からも、このヘビは驚異であることがありありと見て取れます。特に、このヘビは横方向にも動くため、実に恐ろしい存在です!

Advertisements
Advertisements