地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

レッドベリードブラックオッター

このレッドベリードブラックオッターは、実に恥ずかしがり屋であるため、このヘビに出くわすのは極めてまれです。体長は1メートルほどに達するこのヘビは、オーストラリアの東部に生息しています。もし、あなたが遭遇した場合は、何も行動を起こさずにそのままにしておくことをおすすめします。このヘビの毒は神経を麻痺させるため、非常に危険であると考えられているためです。それはマイコトキシンを生成し、皮膚を刺激し、目を殺傷する可能性があります。医師の診察は必要ないかもしれませんが、最初の咬傷後に合併症が発生する可能性があります。

Advertisements
Advertisements

このヘビに噛まれた際の症状としては、胸部の不快感、発汗、呼吸困難などがあります。まれに、被害者は噛まれてから数時間以内に、脳卒中や心臓発作を発症することがあります。オーストラリアに生息するこのヘビは有毒であり、それは有毒のマイコトキシンを含む、さまざまな種類の毒を生成します。細胞膜を破壊する溶血性、および細胞毒性も持っています。このヘビの咬傷は、生命を脅かすものではありませんが、もし噛まれた場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があるでしょう。

Advertisements
Advertisements