地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

タイガースネーク

タイガースネークは、オーストラリア北部、ニューギニア諸島、インドネシア、および隣接する島々でよく見られる、巨大な非毒ナミヘビです。このヘビは、オーストラリア最大のヘビ属であるNotechis属に属します。タイガースネークは、大きな医学的問題を引き起こす可能性のある、ホワイトリップスネーク(Pseudechis属)と混同されることがよくあります。タイガースネークは通常、灰色またはオリーブブラウン色のボディを持ち、その背中とは尾にかけて黒い帯が見られ、小さな細い縞模様で区切られています。

Advertisements
Advertisements

このタイガースネークの毒は、他のオーストラリアのヘビの毒とは異なり、細胞毒性(組織破壊)ではなく、神経毒です。これは、組織よりも咬傷部位の近くの神経細胞に大きな影響を与えることを意味ていします。タイガースネークは、主に東アジアから東南アジア地域にかけて生息しており、その体長は約60センチから1メートルとされています。そのボディの色は実にトロピカルで、ある意味魅力的にも見えますが、もしあなたが該当地域で見かけた場合でも、決して触ることなく、そのままにしておいてください。

Advertisements
Advertisements