地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

タイパン

沿岸に生息するタイパンはコブラ科に属しており、そのボディは実に長いだけでなく、強力な有毒を持ってもいます。このヘビは主にオーストラリア北部と東部、またニューギニアの海岸付近に生息しています。毒物学的研究によると、このタイパンは世界で6番目に有毒な陸ヘビであるとされています。オーストラリア北部と東部、インドネシア、またその他の太平洋の島々で見られる、この非常に致命的なヘビは、コブラ科に属しています。

Advertisements
Advertisements

タイパンという名前は、このヘビが生息する沿岸地域にちなんで付けられました。彼らは興奮した際、非常に激しい気質を見せることでも知られています。そのため、私達は常に彼らの出没する地域を避け、発見した際にも放っておく必要があります。彼らは捕食者に対する防御として機能する、実にボディの色を持っています。まだ若いタイパンの体長は約60〜75センチで、大人のタイパンの体長は約76〜122センチになります。これまでに発見されている標本から、中には170センチほどの長さにまで達することが発覚しています。

Advertisements
Advertisements