地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ライノセラスバイパー

ライノセラスバイパーは、Bitis nasicornisという名前でも知られており、長い体長を誇る毒蛇の1種類です。彼らは通常ゆっくりと這うように動きますが、攻撃時には電光石火の速さで移動します。彼らが威嚇時に立てる「シュー」という音は、悲鳴のようにも聞こえ、この不気味な声は、私たちが永遠にヘビと相容れない理由でもあります。ライノセラスバイパーはれっきとした毒ヘビであり、そのボディは茶色、腹部分は金色、そして体長は3〜4フィートです。また、ボディの中にはわずかに赤褐色のクロスバーもみられ、金色が所々に見られる場合もあります。

Advertisements
Advertisements

この種における最も際立った特徴の1つは、その傾斜した鼻部分にあります。また、その頭には大きな目があり、体の残りの部分に向かって、先細になっている長い首を特徴としています。このライノセラスバイパーは、アフリカ全土の熱帯林、草原、サバンナ、およびマダガスカルの島で見られます。彼らは主に夜に活動するヘビですが、まれに日中にも見ることができます。彼らは、名前の通り動物のサイと同じように、獲物を攻撃する悪質なヘビとして有名です。

Advertisements
Advertisements