地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ナジャオキシアナ

このコブラは、アフガニスタン、インド、イランなどの中央アジアに生息しています。ナジャオキシアナは、非常に強力な毒素の混合物を持っており、その咬傷は人間にとって致命的です。また、すべてのコブラ種の中でも、最も有毒とされています。オキシアニアの毒は非常に強く、治療をしなければ人間にとって致命的です。また、彼の名前はギリシャ語の「ノイズ」と「殺す」に由来しており、威嚇したときに立てる「シュー」という音を完全に特徴づけています。このヘビは体長4フィートの長さにまで達し、最大で20年間生きることができます。その体は、淡い灰色またはピンクがかっており、茶色がかった灰色の斑点が見られます。

Advertisements
Advertisements

ナジャオキシアナは、ほとんどのヘビと同様、円形の瞳孔を持つ黒い目をしています。このヘビは、齧歯動物が多く生息する湿地帯の環境を好んで生活し、日中はアクティブですが、相手側から挑発されない限り攻撃しません。しかし、彼が何者かから脅かされたり、追い詰められたりしたと感じた場合、自信が安全であると感じるまで、数時間攻撃を続けます。このナジャオキシアナは、別名アジアンコブラとも呼ばれ、東南アジア、インドネシア、中国、パキスタンで見られます。時として、フード付きまたは眼鏡をかけたコブラという名前でも知られています。

Advertisements
Advertisements