地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ブームスラング

南アフリカとサハラ以南のアフリカにおける、ヘビに噛まれたことによる数え切れないほどの死者は、このブームスラングの手にかかったケースが多いです。成長したこのヘビの全長はおよそ100〜160センチメートルです。ブームスラングは、サハラ以南のアフリカでのみ見られます。南アフリカ、スワジランド、モザンビーク、ボツワナ、ナミビア、およびサハラ以南のアフリカ北部は、すべてこの種の生息地とされています。このヘビは俊敏であるだけでなく、スルスルと木に登ることもでき、さまざまな種類の毒を含んでいます。

Advertisements
Advertisements

私達が知っておくべき重要なことは、このヘビに噛まれた時、その影響がすぐには現れないことがある、という事実です。その兆候が見られるまでに、長くて数時間ほどの時間を有します。解毒剤を投与するためには、できるだけ早く援助を求める必要があるでしょう。ブームスラングの毒液は、主に出血毒であり、これは凝固過程を阻害し、内外の出血を引き起こし、後に死へと至らしめる可能性があります。先程の述べたように、ブームスラングの毒は、遅効性の毒であるため、噛まれてから数時間では症状が現れない場合があるのです。

Advertisements
Advertisements