地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ビークヘッドウミヘビ

ビークヘッドウミヘビは、オーストラリア北部、ニューギニア、インド、マレーシアなどの海域に多く生息しています。このヘビは、他のウミヘビとは対照的に非常に攻撃的であり、明白な理由もなく、ダイバーやスイマーなどを攻撃します。ほとんどのウミヘビの咬傷は、頭にあります。このヘビは、熱帯水域や温帯水域などさまざまな環境で見られ、他のウミヘビとは一線を画す多くの特徴を備えています。たとえば、非常に尖った鼻や、攻撃的な性質などがあげられます。

Advertisements
Advertisements

ビークヘッドウミヘビの学名は「Aipysurusduboisii」で、ギリシャ語の「aipytos」(「水なし」を意味する)と、「oura」(「尾」を意味する)に由来しています。この名前は、このヘビは陸や淡水ではなく、海水に住んでいるという事実を指しています。同様の性質を備えた他の唯一のウミヘビは、オーストラリアのクリハラヒメウミヘビ( “Morelia spilota”)です。獲物を攻撃するために、くびれを使用する他のほとんどのウミヘビとは異なり、ビークヘッドウミヘビは実に異なる戦術を使用します。

Advertisements
Advertisements