地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

チルガラガラヘビ

野生生物保護協会によると、ガラガラヘビはアルゼンチンで最も有毒なヘビです。このチルガラガラヘビは、アルゼンチン北部に生息しており、コリエンテス、ミシオネス、フォルモサ、チャコで最も頻繁に目撃されています。南アメリカのガラガラヘビは実に致命的ですが、現在のところ、10年ごとに1人しか殺害していません。しかし、もしあなたがこのヘビを見かけても、決して近づくべきではありません!このガラガラヘビは中型に分類され、もし噛まれた場合、数分であなたの命は尽きることでしょう。

Advertisements
Advertisements

私たちを震え上がらせるのは、その名前だけではありません。チルガラガラヘビは、主に南アメリカ、特にアルゼンチンで見られます。一部のチルガラガラヘビは、25年もの時間を生きることができ、彼は特に大きな毒腺を持っているので、大量の毒を放つことができます。もし、被害者が一度も治療を受けなければ、2時間以内に亡くなることでしょう。このガラガラヘビの毒液中の毒素は血管を広げ、血液の凝固を防ぎます。そして、体の損傷した部分は壊疽を発症し、時間の経過とともに黒く変色します。

Advertisements
Advertisements