地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ダレフスキーアダール

毒蛇であるダレフスキーアダール(ヴィペーラ・ダルヴィシ)は、バルカン半島で発見されたヘビです。このヘビの名前は、ブルガリアの魚類学者であるニコライ・ダレフスキー博士(1890-1967)にちなんで名付けられました。この種は、他の類似種よりもわずかに大きなボディを持ち、その頭蓋骨が広いことが特徴です。彼らは通常50〜70センチの長さにまで成長します。この種の頭は茶色で、暗いクロスバンドが特徴です。ボディの色相は、明るい黄褐色から淡褐色、また灰色がかった茶色、もしくは緑がかった茶色など、さまざまです。

Advertisements
Advertisements

背側の縞模様は、金色または茶色であり、はっきりとしているか、やや控えめに見られます。その腹部は、体の他の部分よりも薄く、不規則な明るい色の斑点があり、時には黒い縁が見られます。このヘビのメスは、通常オスよりも黒い色合いをしています。ダレフスキーアダールは、両生類、爬虫類、鳥、哺乳類を食物として消費し、広いジグザグバンドと、蝶番のある歯を持っています。この歯を通じて、獲物に直接毒を注入します。その毒は、彼らの目のすぐ隣の腺に蓄えられており、このヘビの目が実に邪悪に見えるのも、何も不思議ではありません!

Advertisements
Advertisements