地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

デュボアのウミヘビ

デュボアのウミヘビは、主に日暮れから夜明けまでの浅瀬に生息している深海魚です。まるでモンスターのようでもあるこの深海魚は、広い海へと泳いでいく姿が頻繁に目撃されていますが、通常は夕暮れ前に浅瀬に戻ります。このヘビの名前は、19世紀のフランスの博物学者、エドゥアール・デュボアにちなんで名付けられ、オーストラリアの沖合(クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州)、パプアニューギニア、モザンビークを含む太平洋、インド洋、そして大西洋で見られます。

Advertisements
Advertisements

デュボアのウミヘビは、干潮時から10メートルというの深さの川の流出のため、暖かく泥だらけの浅い沿岸水域を好みます。この種の皮膚は、上部が茶色または濃い緑色をしており、その腹部は極めて明るいです。目の後ろ部分には、暗い線が胴体の約半分まで頭の側面を下っています。このウミヘビが出没する地域に住む家族は、浅瀬にいかないようにと子供に行って聞かせる習慣があります。なぜなら、このような不気味で危険な動物が生息しているからです。今後、パプアニューギニアに行く予定がある場合は、いつ泳ぎに行くかを事前に計画することをおすすめします。

Advertisements
Advertisements