地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

シャムの唾を吐くコブラ

ヘビであっても、唾を吐くヘビであり、また毒ヘビとなれば、これ以上不吉になることはありません!。シャムの唾を吐くコブラは、東南アジアで見られる、唾を吐くコブラの一種です。コブラ科に属し、その牙から毒を「吐き出す」ことができる、アジアに生息している4つのコブラ種のうちの1つです。しかし、大量に皮膚にかからない限り、このヘビの毒は人体に害を及ぼすことはなく、抗毒素はありません。このヘビは、他のコブラメンバーに比べ、かなり優雅な見た目をしており、人類に飼いならされてはいません。

Advertisements
Advertisements

シャムの唾を吐くコブラは、2〜3メートル離れた距離から毒を吐くだけでなく、獲物に毒を直接注入することもできます。このヘビは有毒を含んでおり、非常に危険です。その口の中には、外見からは見ることのできない、2つの短い牙があります。このヘビの毒は、牙を通して獲物に注入されます。白いあご、頭と首の部分、そして背中を縦に走る、幅の広い黄色がかった縞模様を除いて、このヘビは体の大部分が黒で覆われており、印象的な外観を保っています。

Advertisements
Advertisements