地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ナジャカティエンシス

仮に、「私たちは、サファリで素晴らしい時間を過ごす予定です。」と誰かが言ったとして、「そこで私たちは、実に美しい野生動物を見るつもりでいます。」と続けて述べたとします。しかし彼らは、背の高い草や茂みの後ろに、実に有毒なヘビが潜んでいるとは考えていないことでしょう。このナジャカティエンシスに噛まれた場合、どれだけ高額な保険をかけていても、役立つとは考えられません。ナジャカティエンシスは、東アフリカで発見された有毒なヘビで、彼に近づきすぎるものに対しては、何でも攻撃する猛獣として知られています。

Advertisements
Advertisements

ナジャカティエンシスの咬傷には、麻痺を引き起こす強力な神経毒が含まれています。通常、このタイプの咬傷は、治療方法と抗毒素がない場合、実に致命的となります。残念ながら、現在このナジャカティエンシスの咬傷に対する、効果的な治療法はないため、最も有効な予防策としては、遭遇を避ける以外にありません。この種のヘビの咬傷を避けるため、生息地域で背の高い草や茂みの中を歩くときは、必ずブーツを使用してください。そのブーツを履く前に、ヘビが近くに隠れていることがあるので、まずは周辺にヘビがいないことを確認してください。もしこのヘビに出くわした場合、近づいたり動揺したりせずに、すぐにそのエリアから離れてください。

Advertisements
Advertisements