地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

角のあるウミヘビ

ここに、私達が一旦心を落ち着かせるような何かがここにあります。おそらく、それはこのページの終わりまで続かないとしてもです。この角のあるウミヘビは、その強力な有毒のため、世界で最も致命的なヘビの1種類として認識されていますが、人間へ攻撃したという記録は残されていません。彼らはより人里離れた場所に住んでおり、海底を泳ぎ回る魚を捕食します。しかし、私たちの地球には非常に多くのヘビが存在しており、それらのほとんどは非常に酷似しているため、混同してしまうのも無理はありません。

Advertisements
Advertisements

この角のあるウミヘビは、その姿を見るだけで識別できる、数少ないウミヘビの1つです。角のあるウミヘビ、または角のあるアダーとしても知られるこのヘビは、オーストラリアとパプアニューギニアの熱帯海域に生息しています。このヘビの生息地域は広範囲に及びますが、一度に大量に観察されることはめったにありません。彼らは孤独を好み、海底を泳ぐ魚を食べて生活します。通常は1〜2メートルの体長をほこり、メスはオスよりも大きいです。彼らの皮膚は暗褐色、または黒色で、目の下には白い領域があります。

Advertisements
Advertisements