地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

リンガルスコブラ

リンガルスコブラは非常に危険ですが、何者かからの攻撃から身を守るために、死んだふりをすることを好みます。これを行う際、リンガルスコブラは相手に背を向け、そして口を大きく開きます。しかし、それは相手の顔を正確に狙って毒を吐き出すためであるうため、近づかないほうが懸命です。リンガルスコブラは、現存するコブラの中もで最大であり、最大で2メートルほの体長に達します。この大きさのため、彼らは自信の半分の大きさまでの生物を飲み込むことができます。

Advertisements
Advertisements

リンガルスコブラは、主に小動物、爬虫類、鳥を捕食する夜行性の生き物です。狩猟中、獲物を物理的に噛むことはありません。その代わりに、獲物の体にその鋭い歯を通してまず毒を注入し、捕食する前に獲物が死に至るのを待ちます。メスには牙があり毒腺もありますが、一方でオスには牙があり、毒腺はありません。このヘビの毒は、その医学的特性のために、世界で最も貴重なものとされています。この毒を少量でも注射すると、リウマチや関節炎に対する抗炎症剤として機能します。また大量に注射した場合、心臓血管刺激剤として機能します。

Advertisements
Advertisements