地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

サマールコブラ

フランス人はカエルに弱いものですが、サマールコブラは一生カエルを食べるのが好きです。主に東南アジアの田んぼに住みつくこのコブラは、頻繁に人と出会うことがあります。その場合、殆どはハッピーエンドにはなりません。彼らの持つ毒は、永久に相手を麻痺させ、また神経系に損傷を与える可能性があります。そして、サマールコブラという名前が示すように、彼らはカエルを食べることを好みます。獲物を見つけると、まず牙を使って彼らを捉え、カエルが空気不足になるまでそこに待機し続けます。

Advertisements
Advertisements

その後で、獲物を完全に飲み込みます。このサマールコブラは、この種の食事を探すとき、領土を争う傾向があり、それ自体よりもはるかに大きな動物、さらには人間と頻繁に衝突することがあります。しかし、このコブラの牙が非常に小さいため、ほとんどの人を刺すことはできません。しかし小さな子供は、本来いるべきではない場所に侵入するような傾向があるため、このヘビに噛まれてしまう可能性は高くなります。しかし、特に毒性はないため、このヘビに噛まれても生き残る可能性は十分にあります。

Advertisements
Advertisements