地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ジャワのヤスリヘビ

このヘビは、その最も美しく聞こえる名前にも関わらず、その外見は特にハンサムでもなんでもありません。しかしこのヘビは、人間に脅威を与えることはほとんどないため、私達にとって安心できる存在であると言えるでしょう。ジャワのヤスリヘビは、その家族の中でも最も小さい種の1つであり、最大の体長は約1メートル50センチほどです。この家族は、現在の地球上にあまり多くは生存しておらず、その理由として、狩猟戦術に関してはまったくの愚かであるという点が上げられます。

Advertisements
Advertisements

ジャワのヤスリヘビは、海底の底を這って泳ぐのではなく、海底から顔を突き出すことで獲物を狩ることで知られている、唯一のヘビの1種類です。その頭は平らで広く、短いあごと小さな唇を持ち、顔の両側には2つの深い溝があります。そこから顔の両側に向かって2つの大きな鱗が伸びており、この部分に手を触れると、中程度の灼熱感または刺痛感を感じます。このヤスリヘビは、最大で40分間水中に留まることができます。そのため、魚はおそらくこのヘビをあまり警戒してはいないことでしょう。

Advertisements
Advertisements