地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ワグラーランスバイパー

ワグラーランスバイパーは非常に危険で、予測不可能な行動を取るとされています。科学者たちによると、彼らは水を愛し、その行動は遅いと評価しています。しかし、それは彼らがリラックスしているときだけであり、もし獲物を見つけたり、イライラしている場合には、迅速に行動し、ほんの数秒で相手を攻撃します。南アジアで見られるこの毒ヘビは、湖、池、川岸の木などの水源の近くに住むことを好み、この傾向もあり彼らは「水を愛する」ヘビと呼ばれています。彼らは茂みや木の底で何時間も動かずに過ごし、獲物を狙い続けるため、スロースネークという名前でも知られています。

Advertisements
Advertisements

このヘビのこの傾向は、彼らの穏やかな性向と相まって、しばしば彼らが何者かに踏まれる結果になります。彼らの持つ毒液は、抗毒液に対して非常に耐性があり、口に入れても致命的ではありませんが、一方で血流中に入ってしまうと大きな危険を伴います。このヘビは、およそ1メートルほどの体長にまで達することもありますが、平均的な体長は60センチほどです。彼らはネズミや鳥、特に鳩を捕食します。過去に、数人の生物学者が彼らを研究しようと近づいた結果、このヘビの持つ毒の犠牲となりました。

Advertisements
Advertisements